結局、何かになりたかったわけだ

自分の思っていることをペラペラと話していくうちに

周りの人とは全く違う思考なのだと気づきます。

 

見ている世界が違うというか、

日々感じている種類が違うというか。

 

考え方や感じ方を太陽と月で例えた場合、

私は間違いなく、暗闇の中に光を探す月です。

夜に太陽になりたい月です。

 

私が今までやってきたこと、気を付けてきたこと、

目指していたこと、なりたい自分像は、

全て太陽になるためのものだと気付きました。

 

あーーピッカピカの太陽になりたかった。

 

またもや心理トリック的なものにかかってしまった。

笑えます。

 

今もトリックにかかっているかも知れないけれど、

これって今はわからないんですよね。

まぁ、いいんですけどね。

 

ピカピカな太陽の様な考え方や行動する人って

周りにたくさんいて、「いいなぁ」って

思っていました。

 

だって、行動力あるし、色んな経験積んでるし、

学びも多いから学習もできるし、知識も増える。

知恵袋みたいなのも、いくつも持ってる。

家に居るなんてもったいないと考える事が出来る。

失敗するかもしれない多少リスクがある事も、

「やってみなきゃわからない」

と言って楽しそうに挑戦します。

海外でお刺身食べる勇気がある感じです。

 

私は家に居る事が多いし、

外に出るのも面倒で一苦労だし、

旅行なんて、楽しみより心配の方が上回る。

だって、「旅行」って聞いて瞬時に思う事って、

・お財布落としたらどうしよう。

・事件に巻き込まれたらどうしよう。

・事故にあったら嫌だな。

・温泉のマットで誰かの水虫がうつらないか心配。

・バスジャックにあったら嫌だな。

などなど

 

これでは旅行すら楽しめません。

夜に外出なんて、もってのほかです。

 

私の思考は恐れの塊です。

 

いつもいつもこういう状態なので、

自分の恐れベースの思考や感情に振り回されっぱなしです。

だから自分と向き合って、ポジティブを知り、

いつもアクティブに人生を楽しみたいと思っていました。

 

余談ですが、

テレビ、新聞、雑誌、ラジオなどからネガティブ情報を

シャットアウトしたのはとても良かったです。

気持ち的に、だいぶ楽になります。

恐れの塊が強い方にはおススメです。

 

話し戻します。

 

結果、知ることはできました。

私の周りのチーム太陽の人達は、

損得考えずに、誰かの為になるのなら・・・と、

喜んで人の為に時間や労力を惜しみなく使います。

自分が悩んでいても、誰かのせいにはしません。

トラブルが起きても、誰かのせいにはしません。

「今、自分が出来る事をするしかない」というふうに

考えられるみたいです。

多分、人のせいにする思考があまり起きないんだと

思います。

 

私は、

すぐ人のせいにしたがります。

自分を正当化することで相手を悪者にしようとします。

自分がこれ以上傷つかないためです。

もうこれ以上、辛い嫌な思いをしたくないからです。

自分がこれ以上落ち込みたくないから、

他の人の足を引っ張って自分と同じ位置にしたがるのです。

自分が変わるのが怖いし、分からないし、

出来ない、どうせ変われないと思っているから、

相手を自分の考えに変えようとします。

相手の意見に同意するのが悔しくて負けた気がします。

自分のことを否定されるのが嫌で怖いから、

自分に否は無いと主張したがります。

 

これは全て強い自己否定からくるものだと思っています。

頭では分かっているのです。

 

でも、いくら太陽の事を知識で知ることはできても、

自分がそうなれるかどうかは、また別。

 

月は太陽にはなれません。

 

昼間でも空のどこかに居るはずですが見えません。

月の位置が分かるのは夜です。

 

月は、太陽の光があってこそ優しく光ります。

だから、太陽が居てくれないと自分の位置を見失います。

 

でも月は、真っ暗闇の中で道しるべにもなります。

月が見えるなら、どこかに太陽があるということだ・・

と希望を持つ事もできます。

昼間は見えないけれど、

いつも絶対地球の近くに居てくれます。

満月になったり新月になったり、

まるで、月も一緒に生きているかのようです。

 

気持ちが落ち込んだ時、太陽よりも月を眺めたいのは

どこかでそういう理由があるからかも知れません。

 

今の私にとって、太陽は眩しくて刺激が強すぎるから、

月が合っているのかもしれません。

太陽の人の考え方も真似しようとしても

今の私にはできません。

 

だから、今の自分でしかないのだと、

どう頑張ったって、

今の自分以外の理想の自分にはなれないから、

なる必要も無いのだ・・と思わされます。

それでいいのだと。

 

それでも、まだ他に自分以外になろうとしている

事があるかも知れません。

 

それはそれで良いと思います。

タイミングが来たら、また何か思えると思うので。

 

昨日も書いた通り、

私は自己否定は消そうと思っても消せるものではないと

思います。

 

自己否定から来る行動や思考は

「ネガティブ、性格悪い、ひどい、信じられない!」

と呼ばれたりします。

でも、自分でもどうすることも出来ないから、

をれを認めるしか方法が無いと思いました。

 

だから、今度は

「自分は自己否定が強いんだな」と認識しながら、

「自己否定が強いと、こんな風に思うんだな」

「こういうふうに思考が動いていくんだな」

と、逆に自分の自己否定を知っていこうと思います。

 

今までやってきた事と真逆をやろうとしています(笑)。

この流れ、オモシロイかも?!