何を信じる?

何を信じるかって人それぞれ。

 

何を信じてもいいんだよ。

 

何を信じても自由だよ。

 

正解も間違いもないからね。

 

私はこんなふうに信じているよ。

 

この世界は架空の物語だと。

 

既に人生の道は決まっていて、

 

何が起こるかも、すでに決まっている。

 

私の体も架空。

 

家族も、家も、友人も、

 

このブログでさえ架空。

 

私のこの目で見る物、

感じる物は全て架空のものだと。

 

本物ではない。

 

架空の世界で

架空の物語を生きている

架空の生き物。

 

 

それがこの私であると。

 

だとすると、

 

私のこの一瞬の架空を味わうために、

私のこの一瞬を作り出す為に、

一体何人の人生が関わってくれているのだろう。

 

一体いくつの物質が私の一瞬の為にいてくれるのだろう。

 

架空なのに・・・

 

今朝の朝食はパンでした。

 

この架空のパンを味わうために、

一体どれほどの人が関わってくれているのだろう。

 

小麦粉、卵、砂糖、イースト菌など、

これを作るまでの必要なアレコレ。

どれほどの物が関わってくれているのだろう。

 

私の朝食の為だけに。

 

 

この机は?

このいすは?

この空間は?

この空気は?

この音楽は?

 

いったい、私のこの架空の時間の為に、

どれほどの物が関わってくれているのだろうか。

 

架空なのに・・・

 

なぜこんなに全力で私の前に現れる?

 

味わった事のない絶対感謝が溢れる。

 

じゃぁ、本当の私はどこにいるのか?

 

それはいつも不思議に思っていた場所。

 

私の後ろだ。

 

振り向いても、振り向いても

この私が絶対見る事の出来ない私の後ろ。

 

コッチ側ってうのかな?

 

幼いころからずっと引っかかっていた事が

今朝ようやくつながった気がした。

 

本当の私と、この私が分離しているかのような、

不思議な考え方?がフッと湧き上がった・・・。

そんな事を想いながら涙した朝でした。

 

みんなみんな、アリガトウ・・・