「馬鹿」に意味はあるのか?

子どもと話していて不思議に思った事。

 

ワタシは今まで「馬鹿」っていうのは、

テストの点数が低い事だったり、

判断を誤ることだったり、

失敗すること等を指していた。

 

その考え方は、最近「違うな」って思ってきていたんだけど、

今日「更に違うな」って思ったんだ。

 

 

子どもが私に聞いたんだ。

 

「バカってどういうことか知ってる?」って。

 

それに私はこう答えたの。

 

「馬と鹿を間違えるって事だから、

 真実が見えていないってこと!」

 

子「ブッブー!はずれ。馬と鹿でした」

 

母「?????????」

 

 「!!!」

 

 「もしかして、バカは馬と鹿のことであり、

  それ以上の意味はないんじゃん?

  勝手に人間が意味を付けているだけじゃない?

  犬と猫で犬猫って書くだけで、それに特別な意味は無い。

  犬は犬。猫は猫。

  だから、馬は馬で、鹿は鹿。ただそれだけの事か?」

 

そう考えるとね、

「これこれこうだから、馬鹿」っていうのが

つじつまが合わなくなってくるよ♪

 

例えば、

「テストで5点だったから、馬鹿」

 

テストで5点取ったから馬と鹿・・・

 

ん??日本語的に通じていませんが・・

って感じじゃない。

 

テストで5点取ったら、それが事実。

馬と鹿は関係ない。

 

客先で失言してしまった時に、

「もっと考えて話しなさい!全く救いようのない馬鹿だな!」

と言われても、「?」となり、オモシロイ。

 

ワタシは馬や鹿ではなく人間です。って♪

アナタには私が馬や鹿に見えて?

または救ってあげたい馬と鹿がどこかにいるとか?

 

となってくると、非常に楽しい♪

 

バカの概念が崩れて、楽しい♪

 

「バカ」って言う立場の方も、

言われる立場の方も、今までより気持ちが軽くなるんじゃん?

 

「バカ」って思うたびに自分のどこかで

「クスッ♪」っとしちゃう♪

 

「バカ」って言った時も、言われた時も、聞こえてきた時も、

「馬じゃないよん、鹿じゃないよん。どう見ても人間だよん♪」

って、ココロの中でそっとつぶやける。

 

そんな日常も、また楽しい♪

 

それでも「バカ」を使っちゃう自分もいて、

そんな自分もオモシロイ♪

 

分かっているのに使っちゃうなんて、笑える♪