その時、何かが動いた!

親子の会話シリーズ。

 

母「今日はどんな一日だった?」

子「楽しい一日だった」

母「何が楽しかった?」

子「全部」

母「・・・」

 「あっ!何か不思議に思う事あった?」

子「あった」

 「なぜ人間は生きているだけじゃダメなの?」

母「ん?? エクスキューズミィ?」

子「なんで、人間は、生きているだけじゃ、いけないのか?」

母「・・・」

 「あっ、そうだね。生きてるだけで良いと思うけど、

  わかんないや」

子「・・・」

 

こりゃ難題だぜ!

 

生きているだけで良いと思うけれど、

ワタシ自身、腑に落ちていないから説明できない。

 

 

でもね、ココロの底がグラッとした。

これはハッキリわかった。

自分の土台が揺れたんだ。

 

「人間は生きているだけじゃダメなのか?」

 

強烈に気になる。

 

また新たなドアが開いたみたい♪

 

我が子よ!

いつかまた、この話題で話そう。

その時までに、カァチャンなりの答えを出しておくからね。