春夏秋冬のように・・・

春夏秋冬を楽しむように、

喜怒哀楽を楽しめたらいい。

 

春夏秋冬を感じるように、

喜怒哀楽を感じてあげたらいい。

 

喜怒哀楽に振り回されるのではなく、

一歩下がって、自分を俯瞰するように、

手の平の中で喜怒哀楽を見守っていくように付き合っていけたら、

きっと、

もっと、

毎日が穏やかになっていく。

 

春夏秋冬のように、

きっと、

喜怒哀楽も愛おしいんだ・・・