怒りからの~

怒りって、

「許せない!」の事だと思う。

 

「許せない」

「許せない」

・・・

 

一体何を許せないのさ?

 

夜、子どもに飴を買ってあげたら、

次の日の午前中で3/4なめちゃって、

イライラ。

 

「許せない」

 

来た!「許せない」の感じ。

 

「何が許せないのですか?」

と自分に聞いてみる。

 

1.歯にも体にも悪い

 歯磨きしないくせにそんなになめるな!

2.もったいない!味わえ!

 

この位かな?

1番の思いが強いんだよね。

 

歯医者に連れて行くのが嫌なのよ。

痛いのわかってるし、

1回じゃ終わらないし、面倒じゃない?

大っ嫌いなの!

歯医者!

私が!

私、歯医者が嫌いなの!

大っ嫌い!

 

私が歯医者嫌い。

私が歯医者嫌い。

私が歯医者嫌い。

 

・・・

 

あれあれ?

 

私が歯医者嫌いだから、

歯医者に行きたくないんだ!

 

もし、子どもに虫歯が出来て、歯医者に連れて行っても、

私は痛くない。

 

通院とか面倒だけど。

 

子どもが虫歯になっても、

私は痛くない。

 

子どもが虫歯になっても、

私には基本的に関係ない。

 

通院とか面倒だけど。

 

「歯医者はこんなところ」って、

私は知っているけれど、

子どもは知らない。

 

「虫歯になると、痛い」って、

どんな治療をするのか、

私は知っているけれど、

子どもは知らない。

 

私がそれを知っているから、

子どもにはそれを避けてあげようとしているだけ。

 

あれ?

あれと同じだ。

 

「勉強しないと、受験で大変」

とかいうやつ。

 

私は勉強しないと後でどうなるか知っているから、

子どもには勉強をしておいてほしいけど、

子どもは知らないだけ。

 

その必要性が、わからない。

 

歯を大切にする必要性がわからない。

勉強の必要性がわからない。

 

子どもは、未体験だからわからないだけだ。

 

大人は体験して、

「苦痛、大変」と思った事は、

子どもに

「分かってもらおう、そうならないで欲しい」

と思いたい。

 

それだけだ。

 

でもさ、子どもが

自分と同じ経験していくなんて決まってないよね。

 

歯を磨かなくても、

毎日甘いもの食べても、

虫歯にならない人もいる。

 

私は嫌いな歯磨き頑張ったのに、

虫歯になったけど。

 

子供の頃、勉強しなくても、

学歴が無くても、

毎日遊びほうけていたのに、

仕事の成功者と呼ばれる人がいる。

 

私は勉強しなくて、出来なくて苦労したのに。

 

私の物差しで育児をすることは、

もしかしたら、

意味ない事もあるんじゃないか?

 

意味のない事だらけなんじゃないか?

 

あれ?

 

じゃぁ、私は子どもに何を教えればいいの?

 

教える事って、意外に無いかも知れないね。

 

「相談」はあると思うけど。

 

子どもって、色々体験して納得していく方が、

多いのかも知れないね。

 

親は、それを見守る感じ?

 

気にしてみようっと。