【自己犠牲】

おはようございます。
chieです。

久しぶりのアップです。
長文です。

親子ネタです。

 

今は夏休み。
我が子は、どちらかと言うと自由な感じ。
親の言う事をきちんと聞くという事は・・・微妙。
自分軸で生きているような子供です。

この我が子、リビングに
2枚のシーツやバスタオル、
マクラカバー、ソファーにかけるカバー、
大量の洗濯バサミを使って
「秘密基地」を作りました。

1週間、我が家のリビングは秘密基地と化しています。

子どもには子供部屋があるけれど、
そこは、また別の世界。

家のの中心部分を秘密基地にされたもんだから、
大人は生活が不便。

でも、子供はやりたい事をやっているだけ。
それはそれは、楽しそう♪

でも、大人は快適で清潔で安全な生活を望んでいるから、
いろいろ考えたあげく、

「子どもの基地は全壊せず、お互いのバランスをとり、
 基地を小さくしようよ!」

と提案。

しかし子供は1カ所でも崩すのは嫌だと主張。
「僕の基地を壊すの?」とウルウルな目。

でも、この基地を作る時に子供と約束したの。

「この基地は夏休みの間だけね」と。

「わかったぁ」と子供は言っていたが、
今日、「基地は夏休みの間だったよね?」と確認すると、

「僕はそんな事言っていない」と。

正直、その答えは非常に困る。

これからは、「約束は紙に書いてもらおうか」と、

話も大きくなってくる。

 

そういえば、今まで同じような事があったなぁ。

約束したのに「していない」と・・・。

えっ、忘れちゃった?

どの口が言ったんだっけ?ってね。

 

約束も束縛もルールも常識も、昔からこの子には通じない時が多い。

私は躾が甘いのかと思い、真剣に伝えたり、言葉や口調を変えたり、
子どもの気持ちを受け止めようと、認めようと、寄り添うようにしたり、
私が思いつくことは、全部した。

なのに、同じ。
何も変わらない。


・・・

いや、待てよ。

まだ一つやっていない事があった。

「掘り下げ」だ!
それは、自分を省みるってこと。

もう、いつも忘れちゃう・・・。

自分の事になると、
どうしてこう堂々巡りのループにハマるんだろう・・・?

さぁ、掘り下げやってみよう!

私は、安心、安全、快適、清潔、
リラックスする住居であって欲しい。

物は必要最小限が良い!
掃除しやすいから。

その為には基地は邪魔。
私の要望を遮る基地は撤去したい

邪魔なものは撤去。

でも虚無感

人(子ども)の気持ちを踏みつぶす事への罪悪感

人を傷つける事への恐れ

人を傷つけたら、その人も今までの私のように、
「全てが辛い」と感じてしまう人生を送ってしまう。

そんなのダメ!
人を傷つけるくらいなら、

自分が我慢出来るところは我慢しよう。
言いたい事も我慢しよう。

・・・

出ました!

「自己犠牲」

これは久しぶりに出ました。
でも、私の根強いテーマだったりする。

自分が我慢すればいいの?
我慢すれば丸く収まると思っているの?

どうやら、そう思っているらしい。

だから、もう
「私が我慢しなくてもいい」

逆にね
「私は我慢しないで言いたい事を言う事で、

  自分も周りの人がhappyになれるんだ!」
って、わかれば良いわけだよね?

っていうか、もともとhappyだったって気付きたいよねぇ。


・・・

あっこれか!

happyだったのに、
今までずっと我慢ばっかりしていたからhappyを忘れていたんだ!

あ~そうだったのか・・・。


そして、この出来事には、もう一つテーマが隠されていました

 

・・・続く