私が出来ること・・・

おはようございます。      

CoralのChieです。

今日もブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。

 

前回の「子どもの嘘」についての一件で、

私は「何か行動しないといけない!」と強く思いました。

 

自分は何がしたいのか?

そして何が出来るのか?

 

考えた結果、「子どもの嘘」について私が感じた事、思った事を

一人でも多くのお母さん達に伝えたいと思い、詩を書きました。

 

そして、その詩を持って児童館に行き、

「良かったら児童館に置いていただけませんか?」

と直接お願いしました。

 

ある児童館の館長さんには、

「今度の親子イベントのときに配布させていただきます」

というお言葉を頂きました。

 

言葉になりませんでした。

感謝の気持ちでいっぱいになり、

「ありがとうございます」と言うのが精一杯でした。

 

その詩をご紹介します。

 

一人でも多くのお母さんがこの詩を見てくれますように・・・

 

そして、何か感じるものがありますように・・・

 

「ママ、ママ」

 

あのね、ママ ぼくね ウソついちゃうの。

ウソついちゃダメだって、ぼく しってるよ。

しってるけど、ウソついちゃうんだ。

 

だから ぼくは いつもママをおこらせちゃうよね。

 

ごめんね、ママ。

 

ウソつくじぶんを とめられなくて ごめんね。

 

でもね、ママ きいて。

ウソをいうとね、どんなきもちになるか しってる?

 

なんでも ねがいが かなうんだ。

 

みんなが ぼくを みてくれたり、

スゴイって いってくれたり、
みかたになってくれるから、

ぼく、うれしくなるよ。

 

ウソをついたほうが、ぼくは生きやすい。

 

だから ぼくは ウソをつく。

 

じぶんをまもるため、ぼくは ウソをつく。

 

そう・・・ママが ぼくを みつけてくれるまで。

 

ママ、ママ、はやく ぼくをみつけてね。

 

ぼくは ママが だいすきです。