いらない「レッテル」を捨てる勇気・・・

こんにちは。

CoralのChieです。

今日もお立ち寄りいただきまして、ありがとうございます。

 

最近、「レッテル」が気になるんです。

例えば、

「ステキなお母さん」というレッテル。

「良い人そう」というレッテル。

「仕事が出来る人」というレッテル。

 

出せばいくらでもありそうですね。

このレッテルを自分が自分につける

そのレッテル通りにならなくちゃ!

と思い込んでしまう時があります。

 

そして、思ったとおりに出来ないときって

疲れたり、落ち込んだり、悩んだりしませんか?

「こうしなきゃダメなのにぃ~」

「私ってダメダメかも」

 

・・・辛いですよね。

 

でも、もし、自分に負担になるレッテルが付いていたら、

それに気づいて、捨てることが出来たら楽ですよね♪

 

でも、どうしたらそのレッテルは捨てられるのでしょうか・・・

 

残念ながら「こうすれば捨てられる」

という万人共通で即効性のある特効薬のような

方法はないと思います。

 

だって、自分で付けてしまったレッテルは、

誰かに外してもらうものではないはず・・・だと思うから。

だから答えは全て自分の中にある思っています。

 

私の場合ですが、まずは

「レッテル通りの自分を目指すのは、もう~や~めた!」

って言ってみることから始めてみまぁす♪