親学習プログラム受講・・・思い出したあの頃

おはようございます。

CoralのChieです。

 

先日、とちぎ家庭教育支援事業ということで、

「親学習プログラム指導者研修」を受講してきました。

最終回は9月で、修了すると、ファシリエーターとして認められます。

約3ヶ月間、頑張ります!

 

初回は、乳幼児期の親子関係を築くことの大切さをメインとした

講義でした。

 

親子のふれあいについて、ある程度分かっているつもりでいても、

やっぱり学ぶ事はたくさんあって・・・

講義を受けている最中も、「そうそう、そうなんだよねぇo(≧ω≦)o 」とか

「へ~そうなんだ(*゚∀゚*)!」などと思いながら聞いていました。

 

すると、ふと、チョット昔の自分が頭をよぎりました。

 

私は、はじめて母親になった時、「母親ってこうあるべきだ!」と

自分勝手な思い込みの中、子育てをしていました。

 

そのため、子供が小さい頃は限界を超えるような頑張りの毎日・・・。

朝起きてから布団に倒れこむまで、ずっと時間との戦い・・・。

 

でも、「あとは寝るだけ状態」の時に子供と遊ぶひとときが、

唯一の楽しみ。幸せをかみしめる15分。

 

あの頃、私は何役こなしていたんだろう・・・。

母であり、妻であり、社会人であり、本来の自分でもある・・・。

優先順位が最後の「本来の自分」まで手が回るはずもなく・・・

「自分のための時間」・・・それは無いに等しかった・・・

 

毎日疲れ果て、色んな不安と心配とともに日々を過ごし、

「これでいいのか?」と、納得のいく答えなど出せない事は

わかっているのに自問自答を繰り返す。

 

その結果、心身ともにヘトヘトでした。 _l ̄l●lll 

しかもその時期、私にはどうしても言えなかった言葉がありました。

 

  「疲れた」 「辛い」 「助けて」 「手伝って」

 

この言葉を、誰かにたくさん言っていたら

あんなにヘトヘトにならなくても済んだかもしれない。

自分が心休まるコツさえ知っていれば、

忙しい日々の中でも、もっと違った子育てが出来たかもしれない。

 

でも、

今、私も子供も、のびの~び生きられるようになってきましたヽ( ´ー`)丿

それは、私自身がのびの~び生きられるようになってきたから。

 

私がのびのびしていたら、子供ものびのびしてきた・・・・

!!!

ってことは、私が日々幸せ満開な笑顔でいると、

それを見ている子供も、幸せ溢れた、無邪気で

ピュアな笑顔で過ごせるかも♪

そして主人も・・・

もしそうだったら、どんなにステキな事だろう(人´∀`).☆.。.:*・゚

 

親学習プログラムも、自分の子育ての経験から学んだ事も、

「子育てに参考になりそうだな♪」って思った情報は

市民活動グループhughugにも取り入れていきたい・・・そう思っています。

 

やっぱり子どもは、「ママのえがおが いちばんスキ」だと思うから・・・